放送システム部検査課 A.M

A.M(放送システム部検査課/藤沢)機械電子工学科 2016年入社 調整・検査職 テレビとモノづくりが好きで飛び込んだ世界。プレッシャーを跳ねのけ、知識を身に着けて成長していきたい。

学生(大学院・大学・高専)時代に学んだ内容

機械電子工学科に在籍しており、電気電子工学など主にハードに関して学んでおりました。
テーマは音響の観点でのストレス緩和効果について研究しました。ある特定の音源は心身ストレスを緩和すると言われており、その音源には「1/fゆらぎ」というものが含まれています。この「1/fゆらぎ」を音源から抽出し、独自の効果を明らかにするための実験システムの構築等を行いました。

A.M

池上通信機を選んだ理由と入社の「決め手」

テレビが好きだったことと、高専時に感じたものづくりの面白さから、放送機器メーカーを志望しました。会社選びに当っては、さまざまな放送機器を扱っている会社を探しており、池上通信機を知ったきっかけは偶然見つけた求人票でした。
求人票にはスイッチャーやFPUなど放送機器の画像が載っており、「これは!!」と思い調べてみたところ志望にマッチする会社でした。そして会社説明会へ参加し「ここしかない!!」と確信しました。
現在は希望も叶い、スタジオや中継車などの放送システムから伝送・スイッチャーなどの単品製品まで多岐にわたる放送製品の業務を行なっています。

現在取り組んでいる仕事とやりがい

現在は組み上げた放送システムが仕様通りに動作しているかを確認することが主な業務です。
ここで指す放送システムとは、スイッチャーなどの単体の機器を組み合わせて映像を加工し、送出する信号を切り替える仕組みをまとめたシステムです。
一つとして同じ仕様は無い為、毎回手順が異なり試行錯誤の連続ですが、最終的にお客様に喜んで頂いたときにやりがいを感じています。

仕事のつらさ、困難、それをどのように乗り越えたか

池上通信機はBtoBメーカーで、主に放送機器を製作しています。
放送中、機器の不具合等で映像や音声が出なくなったら大問題です。
調整検査はそうならない・させない為の最終チェック工程です。そのプレッシャーが日々付きまといます。
時には不具合の原因をつかめないときがあるのですが、先輩方に教えていただきあっさり解決!何てことも多々ありました。それも若手へのサポート体制が整っていたからだと思います。
失敗を経験にして次へ活かすことが重要だと思っています。

A.M

将来の目標や夢

立会い検査や現地工事ではよく自社に限らず他社製品のことについてのご質問もいただきます。
自社製品は勿論のこと、他社製品についても熟知している必要があります。
当社はチャレンジしやすい環境があるので、広く知識を身につけ、経験値を高め、「私にまかせてください!」と胸を張っていえるような人材になりたいです。

学生へのメッセージ

私の場合、池上通信機を見つけたのは偶然でした。
しかし、見つけたときにビビッと来ました。その後、会社説明会へ参加することによって疑問点も不安も払拭され、やりたいことが明確になりました。
就職活動は会社や業界を知る良い機会だと思うので、情報収集していく中で「なんか気になるなぁ~」と思ったなら説明会などに足を運んでみると新たな発見に繋がると思います。

オフ

インドア派の人間なので、テレビや映画を見ていることが多いです。
(テレビ番組でカメラなどの池上製品が映るときは喜んで見ています。)
外に出かけることはあまりないですが、バイクに乗って遠方に行ったり、自転車で江ノ島に行ったりしています。近いので。(笑)

コーポレートサイト

新卒採用

キャリア採用

mynavi

Facebook