伝送システム部通信機課 S.K

S.K(伝送システム部通信機課/藤沢)情報ネットワーク工学科卒 2014年入社 開発設計職 早く「プロに貢献するプロ」になりたい

大学時代に学んだ内容

大学では携帯電話の通信方式などの研究をしていました。プログラミングが主ですが、回路設計の勉強もでき、回路設計の研究室にいました。研究室では、アナログ信号からデジタル信号に変換する回路をいかに小型で処理が早く、省電力にできるのかということを研究テーマにしていました。

S.K

池上通信機を選んだ理由と入社の「決め手」

大学で回路設計をしていたので、やはり回路設計ができる会社を探していました。業界や業種は特に考えていませんでした。池上通信機のことは知りませんでしたが、説明会では、放送業界で有名で、技術力が高いという話を聞き、そのような会社でぜひ働きたいと思いました。また、女性をどんどん採用していこうという雰囲気があって、制度も整いつつあることが安心のポイントでした。

現在取り組んでいる仕事とやりがい

今、仕事では、FPUという装置を開発しています。FPUとは、映像を無線で飛ばす送受信機のことで、お天気カメラの映像をスタジオに送信したり、中継車を使用した現場からの映像伝送などに使用されています。いろいろな放送局で採用されていますが、伝送するレートやアンテナの種類が違うため、放送局に合わせてカスタマイズするのが仕事です。まだまだ学ぶところが多いので、様々な知識を得ることに喜びを感じています。

仕事のつらさ、困難、それをどのように乗り越えたか

新しいことにチャレンジできる環境が整っているのですが、他に並行して進めなければならない業務も多いので、自分の心のゆとりがなくなってしまうことがあります。先輩社員の中にはこまめにメモを取ることで、取りこぼしがないよう気をつける方もいたりして、人の仕事の仕方を色々見て、自分も試したりしています。これからはいかに業務を効率よく回していくかが課題です。

S.K

将来の目標や夢

池上通信機には「プロに貢献するプロ」という言葉があります。展示会でお客様をアテンドする機会もあり、そういう時に自分の業務だけの知識ではカバーしきれないと感じています。設計の私がもっと現場を知ることで、お客様をご案内することはもちろん、生産や検査などの部門にも、もっとわかりやすく効率の良い指示ができるのではと思っています。一日も早くプロになることが目標です。

学生へのメッセージ

池上通信機にはいろいろな人がいます。同期には外国人もいて、グローバルな仕事環境だと思います。個性的な方も多いので、考え方も人それぞれ。自分がいかに柔軟に接していくかも大切です。池上通信機の良いところは上司、先輩、同僚との隔たりがなく人間関係がフラットなところ。そのような環境で自由にやらせてもらえるので、仕事もしやすいと思います。

オフ

普段はデスクワークが多いので、お休みの日は、ジムなどでなるべく身体を動かすようにしています。友達とのんびり出かけることもありますが、ビルやお店の監視カメラを、池上通信機製のものかつい見てしまう癖があります(笑)一般の人にはあまり知られていませんが、池上通信機の製品は、いろいろなところにあるんですよ。

コーポレートサイト

新卒採用

キャリア採用

mynavi

Facebook