開発部カメラ課 A.K

A.K(開発部カメラ課/宇都宮)電気電子工学科卒 2009年入社 開発設計職 池上通信機には若手でもチャンスがもらえる。提案し、それが実現することがやりがいになる

大学時代に学んだ内容

小さい頃から新しい家電やゲームが好きで、そういったものづくりができたらいいなと思って、大学の工学部に進学しました。大学では磁性材料の特性を解析する研究をしていました。具体的には、磁性材料を使った実験を行い、実験データを基に磁性材料の特性を予測する新しいモデルを検討するといった内容です。

A.K

池上通信機を選んだ理由と入社の「決め手」

テレビを見るのが好きで、映像系の仕事がしたいと思っていました。そこで、テレビやモニタなどを作っている映像系のメーカーを調べました。池上通信機の名前は知りませんでしたが、情報を収集すると、誠実で真面目なイメージがあり、技術を大事にしている会社だと感じました。技術力で押しているのがポイントでした。

現在取り組んでいる仕事とやりがい

医療用カメラの設計をしています。カメラのハードウェア部分の担当をしていまして、主に基板に実装されているFPGAの設計を行っております。医療用のカメラを使うのはお医者様です。お医者様はそれぞれの治療方針によって、要求するものが違っていますので、お客様に合わせてカスタマイズしていくのも大切な仕事です。様々な要望に対応できるように予め柔軟に設計する必要があります。

仕事のつらさ、困難、それをどのように乗り越えたか

やはり、技術者ですので、自分が作ったものが問題を起こしてしまうことが、辛いですね。一度製品としてまとめた後で、問題が発生してしまうとなかなか解決が難しく、その時は試行錯誤して悩む日々が続きました。しかし同僚や上司に相談しやすい環境があり、周りのサポートもあって、解決することができました。そして問題にどのようなアプローチをすれば解決できるのかわかるようになりました。

A.K

将来の目標や夢

夢とまで大きくはありませんが、まだまだ自分の担当をこなすのが精一杯なので、もっと製品について、いろいろな面を見られるようになれたらと思います。そして作るだけではなく、マーケティングや製品の企画などもしてみたいです。そのためには、お客様のご意見を聞くのも大切な仕事です。その点、池上通信機はエンジニアがお客様に直接会う機会も多いのが非常に勉強になっています。

学生へのメッセージ

池上通信機のいいところは、上司や先輩に提案しやすい雰囲気があるところです。若手でもいいアイディアがあれば、採用され、重要なセクションに携わるチャンスがたくさんあります。そして私たちは、常に斬新なアイディアを持っている人を必要としています。一社だけに絞り込むのではなく、様々な面から会社を選び、その結果が池上通信機であってくれたら嬉しいです。

オフ

休日はたいていスポーツをしています。会社の仲間や学生時代の友人達と、野球やテニス、ゴルフを楽しんでいます。池上通信機には、野球チームがあり、本社、湘南、宇都宮、塩浜の事業所対抗野球大会が開かれます。社内でも普段会うことのない人と話せる貴重な機会だなと思っています。

コーポレートサイト

新卒採用

キャリア採用

mynavi

Facebook